スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
婚姻費用分担事件②
別居費用は月末の決まった日に振り込まれていた。
私はその日に減額されているのを確認して
家庭裁判所に行くことを決めた。

その日はちょうど市でやっている「女性のための法律相談」を予約していた。
時間は30分に決められているので聞く事を決めてきた。
財産分与、婚姻費用請求、不倫の証拠について相談した。
財産分与についてはいろいろ難しい事情があるので
いろいろな考え方があるので、後は話し合いとの事。
それが難しいのにね。。。

婚姻費用請求については、やはり妥当とは考えられないので
調停の申立については「いいんじゃないんですか?」と言われた。

不倫の証拠についてはGPS機能付き携帯やICレコーダーの使用については
夫婦間のことなので違法にはならないと言われた。
(僕からやったらとはいえないけどねと言われた)
連日女と会っている(写真など)を撮れば証拠になるのではと言われた。
証拠はあくまで相手が認めなかったときに出すものなので先に出すものではないと言われた。

なるほど!!とても勉強になった。

時間も短かったし、しょせん無料相談なので
あまり親身には相談には乗ってもらえなかったけど、
違った意見を聞けてとても参考になった。
いろいろな人の意見を聞いてみることはお得!

何よりも「婚姻費用分担」の調停申立に背中をおしてもらった。

いよいよ家庭裁判所だ

 
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/03/14 23:45 】
離婚への道 | コメント(4) | トラックバック(0)
婚姻費用分担事件 ①
いつもごぶさたですいません。

まだ私は離婚していません。
ですので、今の状況をどこまで書いてよいのか考えてしまい、
なかなか書けないでいます。

去年のことなら良いかと思い、少し書いてみようと思います。

別居を始める前の日、私は冷静に別居費用について”いちおう夫”と
話し合いました。
これだけ必要だからこれだけ毎月払うように決めました。
”いちおう夫”側も十分生活出きるように決めました。
「子供たちに貯金できるように余ったら別途送るから」と言っていました。

しかし、2ヶ月分払った頃、
「生活が出来ない。金額を下げます。さらに2ヶ月後には半額にします。」といきなりメールを送ってきた。
すぐに抗議しましたが、やはり減額してきました。

私もいろいろ勉強し、
「夫婦は相手の生活を自分と同じレベルで維持し、夫婦の資産、収入その他一切の事情を考慮して、婚姻から生ずる費用を分担する義務がある。 すなわち、別居中でも婚姻関係が継続している間は、相手の生活を維持するため金銭の援助を行わなければならない。」
ということを学びました。
守れない場合は、調停をおこすことができるのです。

私は減額された別居費用が振り込まれたその日に

婚姻費用分担の調停の申立をしたのです。

 
人気blogランキングへ

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2007/03/08 00:08 】
自己、家族紹介 | コメント(0) | トラックバック(0)
児童手当について
大変ごぶさたして申し訳ないです

私もいろいろと離婚について悩み、
いろいろな方々の経験を参考にさせてもらうため、
その方々のブログを参考にさせて頂いています。

私の経験も少しでも誰かの参考になれればと思い、
ブログを書きたいと思うのですが、
なかなかどこから書いていけばよいのか悩み
なかなか書けないでいます。
また少しづつになっていまうと思いますが
書いていきたいとは思っています。

今日は「児童手当」について書きます。

我が家はまず、私と子供二人が家を出て実家に帰りました。
実家はすぐ近くの同じ区にあったので
子供の小学校を変更したくなくて住民票は変更しませんでした。
その後数ヶ月してから”いちおう夫”がその家を出て行きました。
”いちおう夫”はしっかり住民票を変更しました。
この時点で住民票上、私たちは正式に”別居”となりました。
その数ヵ月後私たちも実家に住民票を移しました。

このとき全く気づかなかったのですが、
区役所からの手紙で気づきました。
「別居の場合(夫が)子供たちに対して何かしら(連絡をとっているなど)の接触がなければ監護しているとは言えず、児童手当を受給できません。接触しているという申請書を提出してください」といった内容の手紙でした。

私も実家に帰った頃、夫が受け取っている児童手当を
私が受け取る事は出来ないのか?と思い、
やはりいろいろな方のブログなどを見ていたら、
「離婚してからでなければ変更は出来ない。」とあり
(勘違いだったのでしょうか?!)
そうなんだ、とあきらめてしまいました。

でも児童手当は子供を育てている保護者が受け取るべきなので
”いちおう夫”に言い、必ず受け取った児童手当は
こちらに振り込むようにはしていました。
でもいつも「振り込まれるかな・・・」という不安は抱えていました。

そんなときに区役所からそのような手紙が届いたので
だめもとで区役所に相談に行ってきました。

「夫と別居しているのですが、私が児童手当を受け取る事は出来ませんか・・・?」

とあそるあそる窓口のお姉さんに言うと、
そのお姉さんは急に声を潜め、
「お子さんはどちらが育てているのですか?」とこそこそと話し始めました。
私もその声に合わせ「私です」とこそこそ。
そんなやりとりをした結果、簡単に私に変更できました。

なんだ、もっと早く相談にくれば良かった!

ただ、やはり夫の承諾が必要ということで
「旦那さんに承諾書を書いてもらってください」と言われ、
承諾書を渡されました。
私の場合、夫も私が受給者になることには同意していましたが、
その承諾書を書いてもらわなきゃいけないのは
嫌ですよね

その承諾書を区役所で受け取った次の月から変更となるので
変更する方は急いだほうがいいですね。
変更する前の別居期間中の受取人は”いちおう夫”になっているので
”いちおう夫”が「子供と接触している」という申請書を提出しないともらえないそうです。

変更する方は急ぎましょう

今の世の中、離婚、別居が珍しくなくなってきているので
お役所もいくらか柔軟な対応をしてくれるようです。
母子家庭では児童手当も貴重なお金。

気が重いですが、相談に行って見ましょう!

 
人気blogランキングへ


テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/11/28 12:44 】
離婚への道 | コメント(1) | トラックバック(0)
交通事故に遭ったよ;_;
今日の朝、娘を小学校まで送った帰りに車をぶつけられた~~~~~!!
普通にT字路をまっすぐ走っていたら、角から車が停止もしないで曲がってきた。
おいおい!ぶつかんないでよ!って思ってたら
乗っていた女が大きな口をあけながら、まともにブレーキも踏まずにぶつかってきやがった!!!!
もう思いっきりムカついて「ちょっとぉー」と言って降りていくと
女は「す、すいません・・・ちっちょっと待っててください・・・」と言いながら
少し走っていったところに旦那さんがいたらしく呼んできた。
旦那はまともにあやまりもせずに
いきなり「電話番号と名前を教えてください。」と言ってきた。

なんかムカツク

すべてを旦那がしきり、ぶつけた女はぼやっとしていた!
その後、家についてから2度相手方から電話がかかってきたが
やはりその旦那からで「どうもすみませんでした。」と軽く誤ってきた。

ムカツク~~~~~~

ぶつけた本人は何してるわけ?

自分のしたことの始末も出来ないわけ?
これが”夫婦”だって事?
私には出来ないわね!
だから離婚するのか・・・?!

さらに警察に行ったら警察官に
「旦那さんも心配しているでしょう?」だど。

旦那がいるのが当たり前に言わないでよね!!

 
人気blogランキングへ

CENTER>
フルーツメール

テーマ:これってどうよ? - ジャンル:日記

【2006/06/27 23:46 】
日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
別れる時に男の価値が判る!?
どこかのブログか何かで見て
思わず>う~んなるほど!!とうなってしまった言葉がある。

別れる時に男の価値が判る

納得である。

過去の男たちを思い出しても、
もあ~あの人はどうしてるかな・・・なんて思う人は
別れもきれいだったような気がする。
あ~思い出したくもないと思うような男は
別れもひどかった。
(最悪の男なんて別れ際に「最後に一回やらせてくれ!」
なんてマジな顔して言ってたっけ。最悪★★★)

そしてその次に最悪な男に”いちおう夫”がなりそうだ。

”いちおう夫”が家を出て行った。
といっても私と子供たちは1月にお先に出て行ったのですが。
そもそもその家は私が結婚前に親と購入した家。
今考えれば、何で自分の家を出てきたのだろうと思うのだが。
そのことに気づいてからは早く出て行ってくれ!と思ってたから
やっと出て行ってくれたという気持ちです。

出て行くと言うので、
「だったらどうせ残されても困るから家具とか欲しいもの待っていっていいよ」
「僕にその権利はないから・・・」
「電子レンジ、炊飯器、パソコン、テーブル・・・いらないからどうぞ」
「それじゃあ・・・」
と喜んで持って行きました。

最悪なのはその後!!

「今までお世話になりました。」と言いながら
取る物とって、ゴミやいらないものすべて置いていくは
家中ほこりだらけにして掃除もしないで出て行きました。
そんな予感はしていたので再三
「お互い嫌な気持ちにならないように掃除のほうもよろしくお願いします」といったことも言っておいたにも関わらず。

お里がしれますよね。
親兄弟も引越しには手伝ったようだから
普通誰かしらきれいにして出ましょうくらい言うでしょう?
まあ、あの親だから言うわけないか。

”いちおう夫”は離婚について話し合いましょうといっても
出てこない。
金は払わない。
「離婚についてしっかり考えるから、(女の事は)けじめをつける」
と言いながら、
夜から朝までという不健康なデートを毎日続けている。
だらしないわよね、本当。
そんなに好きなら離婚に向けて頑張るとか、そういうことも出来ない。

よくもまあこんな男と生活していたわ、と思います。

本当に「別れる時に男の価値が判る」
これが「こうなってしまったのは全て俺の責任だ。要求は全てのむ。」
くらい言われたら
なんていい男を失ってしまったのだろう、と一生後悔し続けるかもしれない。
でも我が家はしっかり”大嫌い!!”になれたので
おかげ様で新たな人生に希望が見える。

ありがとう!です!?

 
人気blogランキングへ

テーマ:別居・離婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

【2006/06/20 13:08 】
離婚への道 | コメント(1) | トラックバック(0)
弁護士
昨日弁護士に相談してきた。

いよいよ弁護士を立てて話を進めていくことにした。
婚姻費用、慰謝料、養育費、財産分与、親権など
どれも両者の話し合いでは決められそうにもないからだ。

というか、”いちおう夫”が話し合いに出てこないからだ。

もともとだらしない男だったが最後までだらしなかった。
私もまわりに一度は直接会って話したほうが良いよといわれ、
しょうがなく働きかけたが、”いちおう夫”は断固拒否だった。
そういう重要場面に出てくる勇気がないのがありあり。。。
最後には「そんなにいうなら弁護士をたてて話します」というので
は~いわかりましたとすぐに弁護士をお願いし、
弁護士より手紙を出してもらったがなんの音沙汰も無し。
おいおい、弁護士たててと言ったのはそっちじゃないかい?
それどころか、「そっちに二人の貯金合ったよね?半分しましょ」と
メールしてきやがった!
こっちが弁護士立てたので大慌て状態?!
早く決着つけたいんだからそっちも弁護士たててよね!

別居以来、いろいろなブログを読ませてもらってすごく勉強になっているのですが、
  ↓
 
人気blogランキングへ
その中で弁護士探しはいろいろ難しいらしい。
やはり離婚問題は儲からないし、やっかいな問題ばかりだからだそうだ。
さらに有責者(不倫やDVなどをした人)の弁護人なんて
なかなかやってくれないらしい。
そうでしょうね、何の利益もないんだから。
そうなるとやはり知り合いのツテが必要。

私も親戚の知り合いにお願いしました。
なかなか有名な弁護士さんでしたが、
会社がらみの事件で有名なようで離婚については?
それでも力のある弁護士は一言に重みがあり、
理解力がすごい!
面倒な話を6ページも延々と記入していきましたが
一度読んだだけですぐ理解してくれ
的確なアドバイスをしてくれました。
弁護士さんをお願いするまで
敷居も高く、理解してもらえるか、すごいお金がかかりそうと不安でいっぱいでしたが、
いざ話してみると、やはり弁護士は依頼人のオタスケマン!今まで一人で背負ってきた荷物を半分背負ってもらったような気持ちになりました。
やはり知り合いの紹介となると
一生懸命やっていただけるし、料金もかなりサービスしてもらいました^^
”いちおう夫”は今頃弁護士探しに血眼になっているような?


そうそう、書き込みがおそくなりましたが、
モカのお誕生時プレゼント(めちゃくちゃおすすめ!
とっても喜んでくれたよ!
「すごい!すごい!」と感動してくれ
今日まで毎日親子で眺めています^^;
シフォンはたどたどしいながらも英語を読んでいます。
一石二鳥だった?!
本当に他の作品も欲しくなっちゃいました^^

テーマ:考える - ジャンル:その他

【2006/06/17 22:11 】
離婚への道 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。